問題ある
ギャンブリングの
支援

ギャンブル依存症の症状と診断

様々な名前で知られています。問題あるギャンブリング、病的ギャンブル、ギャンブル障害、ギャンブル中毒、強迫性ギャンブル、ギャンブル依存症…正しい定義は聞く相手によって異なるかもしれませんが、「コア」の定義は変わりません。ギャンブルに関しては、危険で悪影響を及ぼすにも関わらず、ギャンブルをやめたいという願望があっても、ギャンブルを続けたいという衝動にかられている場合に、問題を抱えていると考えられます

ギャンブルは一見無害な活動に見えますが、生活に悪影響を及ぼすほど発展すると、その悪影響は壊滅的なものになります。そのため、何かおかしいと感じて適切な処置を取りたいと思ったら、ご自分のギャンブル癖を調べることが大切なのです

ご自分のギャンブル癖(または親しい人のギャンブル癖)が問題になっているように感じ、問題について詳しく知りたい方は、この記事をご覧ください。

本記事のコンテンツ内容

  1. 問題あるギャンブリングとは?
  2. 問題あるギャンブリングの段階
  3. 問題あるギャンブリングの兆候
  4. 問題あるギャンブリングにおける診断
  5. 対処方法

問題あるギャンブリングの兆候

問題あるギャンブリングの基本的な定義については、すでに記事の最初の段落で説明しました。問題あるギャンブリングとは、危険で悪影響な結果を及ぼすにもかかわらず、継続的にギャンブルをしたいという衝動、またはギャンブルをやめるべきだとわかっていてもやめられないことです。問題のあるギャンブラーは、ギャンブル癖が自分(または周囲の人)に悪影響を及ぼしてもプレイを続けてしまいます。例えギャンブルをやめたいと思ってもです。


ギャンブルが生活に悪影響を与えていると感じていたり、ギャンブルをやめたくてもやめられない場合は、自分のギャンブルの習慣をよく観察して、適切な対処をすることをお勧めします。

問題のあるギャンブリングは、ギャンブルに費やした金額や賭け金のサイズではなく、ギャンブルに関連した行動がご自分の人生、家族、友人、周囲の人々の生活に影響を及ぼすことを意味します。しかし、普段からギャンブルをしていて、高額金額を賭けている人ほど、危険なギャンブル習慣に陥っている可能性が高いと言ってもいいでしょう。

定義がどのように発展してきたのか

「ギャンブル依存症」という言葉はかなり前から頻繁に使用されていました。しかし、問題あるギャンブリングに関する問題は、ごく最近まで依存症として分類されていませんでした。アメリカ精神医学会は、ほとんどの団体の方たちに加えて、長年にわたって病的ギャンブルを衝動制御障害として分類してきました。これが、現在でも「強迫性ギャンブル」という言葉が常用されている理由の一つかもしれません。

アメリカ精神医学会は、2013年に精神疾患の診断と統計マニュアル(DSM-5)の第5版を発表しました。これによって、問題のギャンブリングが専門的に中毒性障害や依存症と呼ばれるようになりました。ギャンブル依存症は、行動依存症という別のカテゴリーに分類されているにもかかわらず、薬物依存症と多くの類似点があることから、これは適切な説明であるといえます。

ギャンブル依存症や薬物依存症のほとんどのケースでは、脳内報酬メカニズムを活性化しようとします。しかし、衝動制御障害の場合はそうではありません。

問題のあるギャンブリングを依存障害として再分類するという決定は、専門家が障害に対する理解を変えるだけでなく、治療方法も変わるので、非常に重要です。詳細に興味がある方は、問題のあるギャンブリングの治療法に関する弊社の記事を読んでみて下さい。

問題のあるギャンブリングがどのように発展し、時間の経過とともに変化するか

問題を抱えるギャンブラーであるという診断は、静的なものではありません。 症状は時間の経過とともに進行し、時に周期的に変化する傾向があります。問題があるギャンブリングの変化の特徴を分かりやすく説明するため、問題を抱えるギャンブラーがよく経験することを理解するのに役立つ2つの問題ギャンブリングの「モデル」を追加しました。

これはギャンブルで苦しんでいる自分の状態を理解するのに役立つと共に、知り合いにこの問題を抱えている人がいた場合、その人に共感して正しい道に戻すのに役立ちます。

問題ギャンブリングの3つの段階

ロバート・L・カスター医学博士が強迫性ギャンブルと回復に関するチャートで説明したように、問題ギャンブリング(または強迫性ギャンブル)の3つの段階から見ていきましょう。このチャートにも3つの回復段階がありますが、ここではこの記事の目的に合わせて問題のあるギャンブリングに焦点を当ててみます。ギャンブル依存症の克服に関する記事では、3つの回復の段階について説明しています。

1.勝利の段階

問題のあるギャンブリングは、いつも資金を失うだけではなく、勝って賞金を獲得することからも始まります。ギャンブルで最初に高額(または少額)の賞金獲得を経験すると、ギャンブルにさらに興味を持ち、好奇心をそそられます。これがギャンブル依存症、あるいは本格的な中毒に発展することがよくあります。

最初の勝利体験をした後に、さらなる賞金の獲得を夢に見てギャンブルの頻度が上がることがほとんどです。ギャンブルに熱狂し、勝つことを楽しむようになり、徐々にギャンブルに夢中になっていきます

勝利の段階では、一般的にギャンブルはギャンブラー自身や周囲の方から問題視されません。ギャンブルはエンターテイメントの一部と見なされ、最も一般的にはグループ活動として行われます。

注意 : 多くの人にとって、ギャンブルはエンターテイメントの一部であり、問題化しません。しかしどんどん悪循環なギャンブル癖に陥っていく方もいます。こちらは次の段階で詳しく記載されています。

2.負ける段階

Casino Guruで何度も何度も述べているように、オンラインカジノでは長期的に勝ち続けることはできません。そのため、勝利には最終的に終わりが来るのは当然です。それが負ける段階の始まりです。

負ける段階では、プレイヤーはギャンブルが長引いたり、一人でギャンブルを始めたり、 ギャンブルに夢中になることがあります。しかし勝つどころか負けるようになったため、(利益も損益もなくとんとんな状態)ギャンブルが問題化され始めます。

お金を失うだけでなく、性格が変わったり、仕事を休んでしまったり、不注意な態度などが原因でギャンブルが問題になることがあります。この記事では、ギャンブル依存症の症状についてさらに詳しく触れますが、その多くは負ける段階でご覧いただけます。

お金も重大な問題になります。問題のあるギャンブル癖を長期的に「鎮火」することは難しいので、負けた段階の方はギャンブルのために(合法的にも違法的にも)時にお金を借り始めたり、より多くの賞金を手に入れる手段を探すようになります。借金がどんどん積み重なっていき、返済するのが難しくなってしまいます。

3.自暴自棄になる段階

次に自暴自棄になる段階が訪れます。ギャンブルへの好奇心はさらに高まり、多くの人がこの段階で違法行為に手を染め、さらにお金を手に入れようとします。 プレイヤーは、自分がしたことや今まであった日常生活に戻ることの難しさに気づき、後悔とパニックの気持ちにかられることがよくあります

他の人々が問題のあるギャンブル習慣に気付き始め、仕事や社会生活にも支障をきたすため、本人の評判は悪影響を受ける可能性があります。すでにやってしまったことの責任を取るのは難しいため、問題のあるギャンブリングで経験した不幸を他人のせいにするのはよくあります。

自暴自棄の段階を経て、ギャンブラーはどん底に落ちます。この状態は、ギャンブルを続けられるだけのお金がないと絶望感や禁断症状が出るのが特徴です。アルコールや薬物の乱用は、このような状況では比較的一般的なので、結果として逮捕されることに加えて、資金を獲得するために違法な方法を探してしまいます。 これは精神的不安定や自殺願望が生まれます

問題あるギャンブリングにおける診断

問題ギャンブリングの3つの段階は多くの面で当てはまりますが、ほとんどが直線的なもので、ある段階から別の段階へと移動しながら、どんどん底辺に近づいていく人もいます。問題のあるギャンブリングは周期的に変化することが多いので、この記事ではGamCareの問題ギャンブリングの周期についても紹介しています。

このサイクルには5つの「状態」が含まれています。

  1. きっかけ – 「ギャンブルをしない」期間の終了後に、再びプレイをしたいと考えさせることです。このきっかけは、ギャンブルに依存する感情などの内面的な要素であったり、スロットマシンが置かれたバーのそばを歩くなどの外面的なものでもあります。認識しておくべき重要な点は、引き金は時間の経過とともに変化する可能性があり、ギャンブルのエピソードはそれぞれ別の理由がきっかけとなるということです。
  2. 衝動 – きっかけを経験した後、ギャンブルをしたいという物理的または感情的な衝動が生まれ始めます。抵抗するのがだんだん難しくなり、遅かれ早かれ再びギャンブルを始めます。
  3. ギャンブルのエピソード - 以下の内容は、勝ち負けを両方を含むギャンブルのエピソードとしてのみ記載できます。
  4. さらなるギャンブル - 最初のギャンブルエピソードの後、負けた後に負けを取り戻すのか(負けたエピソードの場合)、またはさらに勝つ(勝ったエピソードの場合)ためにギャンブルを続けるのが一般的です。
  5. ギャンブルをやめる - ギャンブルはそのうちやめることになります。これは時間がなくなるか、お金がなくなるかの2つの要因で起こることがほとんどです。どちらかが先に起こります。

サイクルの一環であるため、5つ目の状態から最初の状態に戻ることもありえます。これは非常に一般的なことです。ギャンブル依存症に悩んでいる方は、別のきっかけでギャンブルで遊びたい衝動を刺激するまで時間の問題です。つまり、別のギャンブリングエピソードに変化していきます。といった具合です。この悪循環から抜け出す唯一の方法は、ギャンブル依存症を克服する方法を探り、助けを求めることです。

問題あるギャンブリングの兆候

ギャンブルは、プレイヤーの生活に悪影響を及ぼしているにもかかわらず、やめたいと感じていてもやめられない場合に問題を抱えていると考えられています。他の要因の中でも、前述の否定的な結果は、問題のあるギャンブリングの兆候や症状とみなすことができます。

ギャンブル依存症は、個人の生活のすべての側面に影響を及ぼすため、その症状は非常に多岐にわたります。ということで、以下のようなカテゴリーに分類しました。下記のいずれかのリンクをクリックすると、記載されている症状を詳しく説明した記事のセクションに移動します。

  1. ギャンブルをやめたい、遊んだ後に後悔している
  2. お金に関連した症状
    • ギャンブルで多額のお金を失う
    • 大金を手に入れたいという欲求(身勝手な動機「や、人の世話をするのに資金が必要である等の様々な理由)
    • 全資金がなくなるまで遊ぶ
    • 以前に失ったお金を取り戻そうとする
    • ギャンブルと同じスリルを体感するには、ベットサイズを大きくする必要性がある
    • ギャンブルをするのに借金をする必要性がある
    • ギャンブルにお金を費やして他のものにお金を使いたくない
    • ギャンブルの資金を工面するために犯罪を犯す
  3. 時間に関連する症状
    • ギャンブルに時間をかけすぎる
    • 予想や予定よりも長い時間プレーする
    • ギャンブルが原因で、他の活動、友人、家族、仕事に十分な時間が取れない
  4. 仕事に関連する症状
    • ギャンブルで仕事を休む
    • 仕事の効率や集中力の低下
    • 野心や目標を失う
  5. 社会的症状
    • 人間関係の悪化
    • 他人との連絡を絶つ
    • 評判を落とす
    • ギャンブルに関して嘘をつく
  6. 心理学的・生物学的症状
    • 恐怖
    • 苛立ち
    • 寝不足
    • 自己破壊的な思考と自殺願望
    • 不注意
    • 現実逃避の目的でギャンブルを利用
    • 不安

それでは、これらの症状が生活のあらゆる面でどのように現れるのかを理解できるように、症状を詳しく見ていきましょう。

注意 : これらの症状の詳細を読みたくない場合は、以下のリンクをご利用下さい。ギャンブル習慣が問題化しているかどうかを確認する、複数の方法を記載している記事にスキップすることができます

ギャンブルをやめたい、プレイした後に後悔

問題を抱えているギャンブラーは、ギャンブルの習慣が生活に悪影響を及ぼしていると感じることがよくあります。(常にではありません)しかし、この感覚だけでギャンブルを止められるとは限りません。このような状況では、依存症はやめたいという願望よりもはるかに強力であり、これが問題のあるギャンブリングの最も重要な症状の1つであり、上記の定義で別に言及した理由です。

これは、ギャンブル依存症のもう一つの兆候である、ギャンブルをプレイした後の後悔と関連しています。お客様も経験したことがあるかもしれません。しばらくギャンブルを続けて最終的にお金を失った後、それが間違っていることに気付き不幸になります。最終的に人を不幸にしてしまうことは、明らかに依存症の兆候であり、少なくとも問題のあるギャンブル習慣といえます。

お金に関連した症状

ギャンブル依存症の多くの症状の一つは、高額の資金を失うことです。人生でギャンブルをしたことがない人にとっても明らかに起こりえます。しかし、問題のあるギャンブリング関連の資金問題は、より根深い状態にまで及んでいます。

賞金を獲得したいという欲望 は、ギャンブル依存症の初期発達段階に現れることが多いです。人生を変えるほどの高額賞金の獲得を夢見ている方もいれば、ご自分や家族の面倒をみれるだけ稼げればいいという方もいます。つまり、ギャンブルはこれら目的を実現するための手段として捉えている方もいます。しかし、こういった考え方は非常に問題が多く、何としても避けるべき必要があります。

他の記事を読んだことがある方はすでにご存知かもしれませんが、カジノゲーム(およびその他のギャンブル)は、カジノに有利になるように設定されています。プレイヤーは常に不利な立場にあり、長期的に勝つことはできません。一度は大金を獲得できる可能性はありますが、これは「誘惑」として機能することが多く、再び賞金を手にしようと期待してプレイし続けるようになります。

しかし、逆のことが多いのは事実です。問題を抱えているギャンブラーは失う可能性のある全資金を失くすまでプレイしてしまうことが多いです。失ったお金を取り戻そうとしますが、よりドツボにはまっていくめになります。そしてこの状態が続くと、ここから「逃げる」ことがどんどん難しくなってきます。

全資金を失う前に、問題を抱えるギャンブラーやその家族の生活が苦しくなる場合があります。ギャンブルに利用する資金を増やすために、食費や家賃などの他に必要な生活費にお金を使いたくなくなります

問題を抱えるギャンブラーのお財布から、資金がどんどん消えていく傾向があります。問題のあるギャンブリングの兆候の一つは、以前と同じスリルを味わうためにベットサイズを大きくする必要を感じることです。 以前と同じベットサイズで楽しめない場合は、何か問題が起きている可能性があります。

問題を抱えるギャンブラーは自由に使えるすべての資金を失うと、ギャンブル癖が影響して資金を得るために他の方法を探し始める場合があります。問題を抱えるギャンブラーは、家族、友人、または金融機関からお金を借り始め、最も深刻な例ではギャンブルをする資金を得るために犯罪を犯してしまいます

注意 : お金とギャンブルは根強く関係していますが、依存症になると、必ずしもギャンブルをする主な理由にはなりません。賞金を獲得するためにギャンブルをしていると思っている方もいるかもしれませんが、多くの場合はより長い期間ギャンブルをプレイできるようになるだけです。ギャンブル依存症を「加速」する理由でもあります。

時間に関連する症状

問題のあるギャンブル習慣にご自分の生活が悩まされるもう1つの面は、時間です。ギャンブル依存症が進行すると、より多くの時間が必要になり、最終的には日常生活の他の活動にまで影響を及ぼします。ギャンブルに時間を取ることが増えている場合、ギャンブルとの不健全な関係の症状の一つと考えられます。

問題のあるギャンブリングのもう一つの兆候は、予想以上に長く遊んでしまうことですオンラインカジノやランドカジノでは、事前に一定の時間しかプレイしないとご自分に言い聞かせたとしても、あらかじめ決められた時間枠が終了すると、プレイを止めるのが難しくなることがあります。

カジノをプレイする時間が増えたり、他のギャンブルに手を出すことで、家族や友人、仕事など、かつて楽しんでいた日常生活に十分な時間が取れなくなる可能性があります。問題を抱えるギャンブラーは、ギャンブル、睡眠、食事以外に何もしていないことに気づきます。睡眠不足に陥ることもあります。

ギャンブル依存症者はギャンブルに夢中になり、一日の大半をギャンブルのことばかり考え、プレイする時間 (とお金) を増やしたいと思うようになります。ギャンブルはエンターテイメントだけでなく、個人的な問題から逃れる手段でもあります。これに関しては後に説明します。

仕事に関連する症状

問題のあるギャンブラーが従業員、自営業者、またはビジネスオーナーであっても、ギャンブルが原因で仕事に支障をきたす傾向があります。すでに述べたように、ギャンブルに時間を費やすことが多くなってくると、仕事に打ち込む時間が減っていく可能性があります。

従業員が仕事を休んでギャンブルを始めることができますが、ビジネスオーナーや自営業者の企業は、悩み始めるでしょう。仕事関連の問題を引き起こしたり、あるいは解雇される場合もあります。

問題のあるギャンブラーのキャリアやビジネスは、時間がないからといって必ずしも厳しい状態になるわけではありません。ギャンブル依存症はまた、効率の悪化を引き起こす可能性があります。ギャンブルに夢中になると、他のことに集中することが難しくなります。今までと同じように時間を割いていても、仕事は厳しい状態になります。

最後に、ギャンブルとの不健全な関係はやる気や目標を失うことになります。目標や成果を気にしなくなり、仕事は無意味で時間の無駄であると思うようになります。

社会的症状

ギャンブル依存症が原因で、社会生活や人間関係も悪化します。ギャンブル依存症が進行すると、ギャンブルにどんどん夢中になり、家族、友人、パートナー、同僚と疎遠になっていきます

これは時間の経過とともに修復できる場合もありますが、時間があまりにも経ってしまうと、元に戻れなくなる可能性があり、人間関係の悪化につながります。一度壊れた信頼を取り戻すのは非常に難しいということを頭に入れておくことが大切です。これが問題のあるギャンブリングが長年にわたって多くの人間関係を壊してきた理由であり、今後もそうあり続けるでしょう。唯一できることは手遅れになる前にやめることが大切です。

ギャンブル関連の問題で深刻なダメージを受けるもう1つの点は、自身の評判です。問題のあるギャンブル依存症について噂が広まれば、多くの方がギャンブルに否定的な見方があるため、大きな社会問題や仕事関連の問題につながる可能性があります。

ギャンブル依存症の方は、自分自身や他の方々(家族、友人、同僚など)にもギャンブル依存症について嘘をつく傾向があります。ご自分のギャンブル依存症が他人にどう認識されるか心配するのは、非常に一般的なことです。例えば、ギャンブルに関して他人に何かいわれたくなかったり、ギャンブルに使う資金源を断つなどといったことが挙げられます。

心理学的・生物学的症状

ギャンブル依存症は行動依存症であり、その症状や兆候のほとんどがその人の精神的な健康状態に関係していることが多いです。これは上記で挙げた症状のほとんどに言えることですが、他にも問題のあるギャンブリングの心理的な兆候があり、今後別の記事で取り上げていきます。

ギャンブル関連で感じることの一つに、恐怖心があります。もちろん、ネガティブな感情は常に存在しているわけではありません。ギャンブルをしている際は楽しいと感じているかもしれません。しかし、資金がなくなって何が起こったのか認識すると、恐怖が後から迫ってくることがよくあります。恐怖は非常に強い感情です。それが非常に危険な理由であり、非合理的なことを行う原因にもなりえます。

恐怖心は、自分を恐怖をあおる事に反応してイライラさせることもあります。イライラの原因は恐怖心だけではありません。ギャンブルの話は触れたくない話題になり、誰かがギャンブルについて話そうとすると、イライラして反応してしまうことがあります。自分の問題を話すことはその問題を克服する上で非常に参考になることが多いので、これはギャンブルを克服する上でよくありません。

またギャンブル依存症と闘っている際は、ぐっすりと睡眠を取ることが難しいです。ギャンブルに夢中になっていて、眠りについたり、一晩中睡眠を取ることが難しくなる場合があります。不安やリラックスの欠如、睡眠不足は状況を悪化させます。

問題を抱えたギャンブル癖は、特にどん底に陥ったり、お金や財産を失ったり、家族や友人との関係が壊れた際に、自滅的な行動を起こす場合があります。自殺願望がかなり定期的に発生し、最も害を及ぼす時期です。

強いネガティブな感情を感じたり、上記のような症状を経験したりすると、逃げ場を探すのは当然です。残念ながら、問題のあるギャンブル依存症の方は、これらの問題から現実逃避するための手段としてギャンブルを使用することが多く、状況を悪化させて克服するのが困難になります。

「現実逃避」を見つけることの難しさにより、不注意になり、物事に興味を失い、本当に何が起こるのか気にしなくなります。前述した自己破壊や自殺願望と相まって、崩壊する可能性があります。だからこそこのような事態に陥らないためにも、何かおかしいと思ったらすぐに回復に向けたステップをとることが大切です。

しかし、問題のあるギャンブリングの心理的症状はそれだけではありません。鬱病や不安もよく見られます。様々な心理的な(その他の)症状が混在していると非常に危険な状態になりますので、何かおかしいと思ったらすぐに行動を起こした方が良いでしょう。

問題あるギャンブリングにおける診断 :ギャンブル依存を抱えているかどうかの判断方法

自分のギャンブル習慣に問題があるかどうかを確認する手順を見てみましょう。ギャンブルは無害な娯楽の一部として楽しむこともできます。しかし、単なる「楽しい活動」以上のものになってしまったら、すぐにプレイをやめて、必要に応じて助けを求めることが重要です。

この記事のセクションでは、ユーザーのギャンブル習慣が安全なのか、問題があるのかを判断するのに役立つ「問題のあるギャンブリング診断」をいくつか挙げています。具体的にいうと、ここで取り上げるのは以下の内容です。

  1. Gamblers Anonymous 質問事項
  2. DSM-5 診断
  3. 他の診断ツール

Gamblers Anonymous 質問事項

Gamblers Anonymous問題のあるギャンブリングを扱う世界最大の組織の一つです。この団体の共通目標は、世界中に数十の支援グループを組織し、同じ問題を経験した人々からの支援を受けることで、ギャンブルに関連した問題を抱える人々を支援することです。

問題を抱えるギャンブラーかどうかの質問に役立つように、Gamblers Anonymousは20種類の「イエス・ノー」形式の質問を以下の通り使用しています。

  1. ギャンブルが原因で仕事や学校の時間が減りましたか?
  2. ギャンブルで家庭の生活が不幸になったことはありますか?
  3. ギャンブルがご自分の評判に影響しましたか?
  4. ギャンブルをした後に後悔の念にかられたことはありますか?
  5. 借金の返済や金銭問題を解決するために、ギャンブルをして資金を獲得しましたか?
  6. ギャンブルが原因で向上心や効率性が下がりましたか?
  7. 負けた後、出来る限り早く負けを取り戻して勝とうという気持ちになりましたか?
  8. 勝った後は、またギャンブルに戻ってもっと勝ちたいという気持ちが強かったですか?
  9. お金がなくなるまでギャンブルをすることが多かったですか?
  10. ギャンブルの資金調達のためにお金を借りたことはありますか?
  11. ギャンブルの資金調達のために何かを売ったことはありますか?
  12. 通常の出費に「ギャンブルの資金」を使用するのに消極的でしたか?
  13. ギャンブルによってご自分やご家族の幸福に無頓着になりましたか?
  14. 予定していたよりも長くギャンブルをしていたことはありますか?
  15. 悩み、トラブル、退屈、孤独、悲しみ、喪失感から逃れるためにギャンブルをしたことがありますか?
  16. ギャンブルの資金調達のために違法な行為をしたことがありますか?または考えたことがありますか?
  17. ギャンブルが原因で睡眠不足になったことはありますか?
  18. 口論、失望、欲求がご自分の中でギャンブルをしたいという衝動を生み出したことはありませんか?
  19. 数時間ギャンブルすることで幸運を楽しみたいという衝動に駆られたことはありますか?
  20. ギャンブルが原因で自滅や自殺を考えたことはありますか?

このアンケートはGamblers Anonymous のサイトに掲載されており、ギャンブルに関連した問題に関して参考になる他のリソースとともに、クリックして回答することができます。まとめると、Gamblers Anonymousは、強迫性(問題のある)ギャンブラーは20種類の質問のうち約7つ以上に「はい」と答えると主張しています。これらの質問は、訓練を受けた専門家による正式な診断の代わりに使用すべきではありませんが、 問題のあるギャンブリングの非公式な診断に役立ちます。

DSM-5 診断

正式な診断としては、ギャンブル依存症(または問題のあるギャンブル)に苦しんでいるかどうかを判断するために最も広く使用されている方法は、前述の精神障害の診断と統計マニュアル(DSM-5)の第5版に記載されています。

DSM-5では、以下の基準でギャンブル性障害を診断しています

  1. 臨床的で重要な障害または苦痛につながる問題のあるギャンブル行動を持続的かつ反復的に行っており、12ヶ月間に以下の4つ(またはそれ以上)の症状を示しています。
    • 興奮を味わうには、資金額を増やしてギャンブルをする必要がある。
    • ギャンブルをやめようとすると、落ち着きがなくなったりイライラする。
    • ギャンブルを抑制し、プレイを減らし、やめるために努力を繰り返し失敗する。
    • ギャンブルに夢中になっている。(例えば、過去のギャンブル体験を追体験して永続的な思考を保持したり、ハンディキャップや次のベンチャーの計画をしたり、ギャンブルをするために資金獲得の方法を考えるなど)
    • 苦痛を感じているときにギャンブルをすることが多い。(例:無力感、罪悪感、不安、うつ病)
    • ギャンブルで負けた後に、別の日にカジノに戻ることが多い。 (「負けを取り返す」)
    • ギャンブルへの関与を隠す嘘をつく。
    • ギャンブルが原因で、大切な人間関係、仕事、または教育やキャリアの機会を危険にさらしたり、失っている。
    • ギャンブルによる絶望的な経済状況を緩和するために、他人を頼ってお金を提供してもらう。
  2. ギャンブル依存症の行動は、躁のエピソードで説明した方が良いとは言えません。

これらの基準のうち少なくとも4つ当てはまると感じる場合、DSM-5によるとお客様のギャンブル癖は問題を抱えていると考えられます。精神障害の診断・統計マニュアルでは、3段階の重症度が規定されています。

  • 軽度:4~5つの基準を満たす
  • 中程度:6~7つの基準を満たす
  • 重度:8~9つの基準を満たす

またDSM-5では、ギャンブル性障害のエピソード型と持続型を区別しています。

  • エピソード型:少なくとも数ヶ月間、ギャンブル障害の期間に治まる症状を含み、1ポイント以上の時点で診断基準のレベルを満たしている。
  • 持続型:継続的な症状を経験し、数年間の診断基準を満たしている。

ギャンブル性障害はDSM-5によると寛解に至ることがあり、マニュアルには以下の2つのケースが明記されています。

  • 初回寛解:ギャンブル性障害の完全な基準を満たした後、ギャンブル性障害の基準を満たした期間が3ヶ月以上12ヶ月未満の場合は、いずれも満たしていない。
  • 持続的な寛解:ギャンブル性障害の基準を完全に満たした後、12ヶ月以上の期間にギャンブル性障害の基準をいずれも満たしていない。

注意 : DSM-5基準を用いた診断は、Gamblers Anonymousがまとめた20項目の質問と比較して、より複雑で多くの仕様書を含んでいます。これは、DSM-5が医療従事者によって使用されることを意図しているからです。これらの基準を見て、自分の状態の全体像を把握することはできますが、自己診断のための方法として使うべきではありません。

他の診断ツール

他にも、プレイヤーがギャンブル依存症を査定し、助けを求めるべきか否かを判断するのに役立つツールが多数あります。それぞれ少しずつアプローチの仕方が違いますが、原理は同じです。これは、問題のあるギャンブルの複数の症状について質問をし、個々が置かれている可能性のある「危険」レベルを査定することができます。

試してみたい方は、以下のリンクからご覧ください。

注意 : 数が多いため、利用可能なツールをすべてリストアップしてはいません。多くのカジノでは、独自の自己評価ツールを提供していますが、安全なギャンブルの推進や問題のあるギャンブリングの治療に力を入れている有名な機関が中心となっています。

ギャンブル依存症であった場合の対処法

問題のあるギャンブリングの習慣があるかもしれないと気付いた際には、複数の対策を講じることができます。ギャンブル依存症を克服したり、治療したりするには、自助的方法からヘルプライン、サポートグループ、あるいは入院リハビリクリニックまで、多くの方法があります。

問題のあるギャンブリングを克服する最適な方法は、特定の状況や不健康なギャンブル習慣の深刻さによって異なります。しかし、最も重要な点は、ギャンブルが手に負えなくなってきたと感じたときに、ただちに行動を起こすことです。最悪なことは何もせず、悪化するのをただ待つということです。

この記事に記載されている症状の一部だけであっても、ギャンブル依存症のような恐ろしい敵に直面した際は、後悔するよりも安全な方が良いのは間違いありませんギャンブル依存症の克服とその治療法についての弊社の記事で、お客様ができるポイントをいくつかご覧いただけます。

あなたの友達にとっても役立ちそうですか?

この記事を友達とシェアしましょう。

シェア