責任ある
ギャンブル

責任あるギャンブルの実践

オンラインギャンブル業界において問題あるギャンブリングは大きな課題となっています。オンラインギャンブルはいつでもどこでもプレイできるため、多くのプレイヤーがギャンブルの習慣を適度に抑えようと必死に取り組んでいます。

責任あるギャンブルは、オンラインギャンブルのプロバイダーや、規制当局、ギャンブル活動を管理する他の組織によって始められた取り組みです。様々な種類の上限設定、自己規制の選択肢、節度を持ったギャンブルを促す他のツールを用いて、ギャンブル習慣を制御できるように必要なツールをプレイヤーに与えることを目的としています。

本稿では、必要になった場合のために責任あるギャンブルの利用可能なオプションについての概要をご紹介いたします。利用可能な責任あるギャンブルの実践方法を以下のカテゴリーに分類いたしました。

  1. カジノによる責任あるギャンブルへの取り組み– 各オンラインカジノは自社カジノのみに適用される責任あるギャンブルを促すツールを提供しています。
  2. 国による責任あるギャンブルへの取り組み – あらゆるタイプのライセンス取得したギャンブルオペレーターへのアクセスを制限することを目的とした全国規模のデータベースを実施している国もあります。このセクションでは、ライセンス認可当局による多くの責任あるギャンブルへの取り組みも紹介しております。
  3. 全世界規模でギャンブルへのアクセスをブロックするアプリやツール – インターネット上のあらゆるギャンブルへのアクセスを制限するのに特化したオプションもたくさん存在します。
  4. その他の責任あるギャンブルの原則 – 責任あるギャンブルは単にギャンブル習慣をコントロールするためにプレイヤーが用いるツールのみに留まりません。これらの原則はギャンブルの公平性の維持、プレイヤーの保護、違法行為の防止などにも焦点を当てています。
  5. Casino Guruの責任あるギャンブルへのアプローチ – Casino Guruではギャンブル業界において何が責任であり、無責任と捉えるか独自の見解を持っており、その見解はCasino Guruによるオンラインカジノの評価や弊社サイトの運営にも反映されています。

これらの選択肢はギャンブル習慣を管理して規制するには効果的ですが、問題あるギャンブリングの完全な克服には繋がらない可能性があります。本当にギャンブルにお悩みを抱えているのであれば、 問題あるギャンブリングの克服方法を記載している別の記事をお読みください。

カジノによる責任あるギャンブルへの取り組み

プレイヤーが責任感を持ってギャンブルをし、規制を遵守できるように、オンラインカジノは一般的にギャンブルが手に負えないと感じた場合に使用できる責任あるギャンブルへのオプションを複数提供しています。

ほとんどの場合、これらのオプションは各カジノが個別に提供しています。言い換えれば、カジノで選択した責任あるギャンブルオプションはそのカジノのみに適用されます。例えば、他のカジノでプレイするだけであるカジノで設定されている入金上限を回避できるため、効力は制限されます。

ですが、例外もあります。グループ規模で責任あるギャンブルオプションを提供しているカジノグループも存在します。つまり、大規模のカジノグループに所属しているカジノで自己規制を設定している場合、グループ内の全てのカジノでプレイすることはできません。各グループによってそれぞれ異なるアプローチを取るので、このルールが必ずしも全てのカジノに適用されるわけではありません。

このセクションでは、これらオプションを取り上げます。

  1. 自己規制
  2. 入金上限
  3. 損失上限
  4. 賭け上限
  5. セッションの時間上限
  6. ベットサイズ上限
  7. リアリティチェック
  8. マーケティングコミュニケーション
  9. アカウント閉鎖
  10. 関連カジノ

自己規制

一定期間、完全にプレイを止めたい場合は、ほとんどのカジノではプレイヤーが自己規制してプレイできないようにしています。このオプションをご利用になる場合、指定された期間はプレイができません。

指定できる期間は基本的にカジノによって違いますが、一般的な期間は以下の通りです。

  • 12時間
  • 1日
  • 1週間
  • 1ヶ月
  • 6ヶ月/半年

プレイを自己規制するには、各カジノの「責任あるギャンブル」セクションを探し、自己規制オプションを見つけ、希望の期間を選択し、オンにしましょう。カジノが本来あるべき役割を果たしているなら、カスタマーサポートに連絡してプレイできるように問い合わせても自己規制期間は一切プレイできないシステムになっています

さらに、カジノは自己規制期間中のプレイヤーにはマーケティング関連情報の送信を停止するでしょう。しかし、全てのオンラインカジノがそうしている確証はありません。ですが、自己規制中のプレイヤーにマーケティング関連資料を送信することは非倫理的であり、絶対に行われるべきでないとCasino Guruは考えます。

注意:幅広い種類の製品(カジノゲーム、ポーカー、スポーツベッティングなど)を取り扱う比較的大手ギャンブルサイトは各セクションに個別の自己規制オプションを提供している場合があります。つまり、カジノから自己規制したとしても、他のプレイヤーとポーカーをプレイできる可能性があります。もちろん、完全に自己規制を設定できる場合もあります。

自己規制中や自己規制後の対応はカジノによって異なります。どのような状況であっても自己規制中はプレイをさせないカジノもありますし、クーリングオフ期間を過ぎれば自己規制をキャンセルできるカジノもあります。

クーリングオフ期間なしでも自己規制をキャンセルできるカジノもありましたが、かなり非道徳的ですし、自己規制の概念を真っ向から否定します。Casino Guruはこの様な行為を厳しく糾弾し、将来的に全てのカジノが自己規制を適切に扱うようになることを願っています。

注意:クーリングオフ期間とは自己規制のキャンセルからもう一度プレイできるようになるまでの期間を指します。クーリングオフ期間は長くて1週間ほどにもなることもあり、プレイヤーがギャンブルを再開するべきかどうか十分な時間考える余地ができます。

入金上限

ギャンブルへのアクセスを完全に制限したくないのであれば、一定期間、一定額の入金のみをできるようにすることで、ギャンブルへの出費を管理をできるようにする入金上限を設けることも可能です。

繰り返しになりますが、指定できる期間はカジノによって異なります。一般的に以下の中から選ぶことができます。

  • 1日
  • 1週間
  • 1ヶ月間

これらの期間の計算方法もカジノによって異なります。何が違うかというと、レベルの高さです。カレンダーの日程を用いるカジノもあります。例えば、1日の入金上限がある日の深夜0時から次の日の深夜0時まで適用されるということです。24時間続けて入金上限が適応されるカジノもあります。

入金上限の設定を希望の場合はすぐに反映されます。入金上限の引き下げも同じです。ただし、以前よりも多く入金できるように入金上限の引き上げをしたいのであれば、この変更はすぐには適応されません。24時間後に変更が適応されるカジノもあれば、7日後に適応されるカジノもあります。各カジノには独自の手続きがありますが、責任あるギャンブルに遵守するのであれば、 上限の引き上げや撤回はすぐに実行されるべきではありません。

損失上限

多くのカジノは一定期間の損失金額に上限を設けるオプションも提供しています。入金制限にある程度似たような仕組みではありますが、入金上限は新規入金を「不可能」にするものであり、一方の損失額上限はプレイヤーアカウント内の資金にも適用されます。

損失額上限を指定できる期間は入金上限と同じであることが多いです。(一般的に、1日、1週間、1ヶ月)

カジノによってこの設定は異なりますが、損失上限は一般的に純損失上限として計算され、一定期間のベット金額だけでなく、ベット金額から獲得した賞金も考慮に入れます。(賭け金や賞金以外の)残高に影響を及ぼす可能性があるボーナスや他の要素は無視して、基本的に純損失上限は一定期間中の資金残高の減少に制限をかけます。

賭け上限

賭け上限も上記の上限システムとよく似ていますが、こちらは一定期間中の賭け金額に制限を設けます。(勝っても負けても)プレイの結果が賭け金限度額に影響を与えることはありません。

例えば、1日の賭け上限を$100に設定したとして、1回のスピンにつき $1でスロットをプレイした場合、結果に関係なく100回スピンを回すことができます。結果として$100の損失が出ようが、または$1000の賞金を獲得しようが、$100分を賭けた時点でそれ以上プレイは出来ません。指定された期間が過ぎるまで、ベットは行えません。

賭け上限は入金上限や損失上限に似た特徴もありますが、重要な相違点は上記で述べた通りです。設定できる指定期間の長さも同じであることが多いです。(一般的に1日、1週間、1ヶ月)

セッションの時間上限

前もって指定した時間だけプレイできるようになるようなセッションの時間上限を設けているカジノもあります。上限に達すると指定期間が過ぎるまでプレイできなくなりますが、例えば、アカウントにログインして出金を行うことはできる場合があります。

例えば、1日1時間のみプレイできるようにセッション時間上限を設定したとします。60分間プレイすると、その日が終了するまでは(カレンダー計算または24時間連続して)プレイはできません。

Casino Guruのリサーチによると、このオプションを設けているカジノは多くはありません。しかし、プレイしているカジノにこのオプションがあるとして、ギャンブルをプレイしすぎていると感じているのなら、使っても良いツールでしょう。

ベットサイズ上限

プレイや入金自体に上限を設定したくはないけどもベットサイズに制限を設定したいのであれば、ベットサイズ上限を設定するのも一つでしょう。その名の通りですが、ベットサイズ上限を設定しすると、それ以上の金額のベットが行えなくなります。

ですが、時に複雑になりうることもあります。カジノゲームによってボラリティ(変動率)や変動性は全く異なるため、 複数の種類のカジノゲームそれぞれに上限を設定できる場合があります。上限を厳しくし設定し過ぎることなく、節度あるプレイができるよう制限をカスタマイズできるので良い機能でしょう。

例えば、最大ベット額上限をスロットは$1、ルーレットは$10に設定したとしましょう。つまり、スロットではスピン毎に$2を賭けることはできませんが、ルーレットでは$2を賭けることは可能なのです。

注意:自己規制の際にもお話いたしましたが、比較的大手ギャンブルウェブサイトでは各ギャンブルアクティビティに対して責任あるギャンブル措置を実施しており、この施策は多種に渡るカジノゲームだけのものではありません。例えば、スポーツベッティングにベットサイズ上限を設定でき、ポーカー、他のカジノゲームなどにも各々の別の上限設定を行えます。

例えば、負けが続くとベットサイズを上げる傾向があり、止めたいと思っているのなら、ベットサイズ上限を設けてこの悪習慣を回避できます。しかし、この習慣が深刻なまでに悪化して、全く自制が効かないのであれば、さらに厳しい責任あるギャンブル措置を見つけるか問題あるギャンブリングの支援機関を探しましょう。

リアリティチェック

リアリティチェックも責任あるギャンブルを促す施策の一つです。前述の他の施策とは違ってプレイ、入金、ベットに制限を設けることはありません。リアリティチェックは一定時間プレイした後にギャンブルセッションに関する情報を表示します

前述の例と同じように詳細に関しては異なりますが、基本的にリアリティチェックには二つの情報が含まれています。

  • プレイを始めてからの経過時間
  • プレイを始めてから獲得した賞金額や損失額

リアリティチェック機能を利用しているカジノであれば大抵どのカジノでもプレイ時間の情報は取得できますが、賞金/損失額の情報の取得に関してはカジノによって異なります。加えて、リアリティチェックは基本的に カジノでプレイし続けるか、ログアウトするかの選択肢を提供します。ギャンブル履歴の閲覧機能も利用でき、プレイヤーは自身のギャンブル習慣をより詳細に知る事ができます。

リアリティチェックは下記の様なものとなります。

リアリティチェックの例

あなたは現在2時間プレイしています。この期間で、$43.80の損失が出ています。

プレイを続けるログアウトギャンブル履歴

リアリティチェックは必ずしも問題あるギャンブリングに悩むプレイヤーの支援になるわけではないとの指摘は重要です。リアリティチェックは止め時をプレイヤーに知らせることはできますが、すでにギャンブルに問題を抱えているのであれば、この様な機能が役に立つとは断言できません。損失を取り返そうとすることは典型的な 問題あるギャンブルの症状です。また、れだけの損失が出ましたよと表示するポップアップメッセージは、単に損失を取り返そうとするギャンブル欲を刺激することになるかもしれません。

ギャンブルでお悩みであれば、もっと思い切った措置をお勧めしますし、さらに良いのは、問題あるギャンブリングの克服手段の模索をお勧めいたします。

マーケティングコミュニケーションの受信停止

このアプローチは直接プレイに関連はしませんが、とても重要です。多くのカジノはプレイヤーがマーケティングコミュニケーションの受信解除ができるようにしています。これを使用すれば、カジノ側が電話をしてきたり、郵便物を送ってきたり、プロモーションメールやメッセージを送信できないように防止することができます。

受信しておく項目、解除するものを選択できますが、必ず 全ての受信解除を選択できる項目もあるでしょう。

注意:この選択肢はマーケティング関連のコミュニケーションに限った話であると頭に入れておいてください。アカウント関連の重要なメールをカジノ側から受け取ることはありますが、プレイ欲求を刺激するようなプロモーションを受信することはないはずです。

ギャンブルに悩みを抱えている方にとっては、プロモーションやその他のプレイ欲求を刺激するようなものは かなり危険なものになりえます。フリースピンのような一見問題なさそうなオファーであっても、それが原因で不健康なギャンブル習慣に舞い戻ってしまう可能性があります。ですから、マーケティングコミュニケーションが解除できるというのは責任あるギャンブルにおいて重要な要素でなあり、全てのギャンブルプロバイダーが見習うべきアプローチでしょう。

アカウント閉鎖

プレイを止めたいのであれば、アカウントの完全停止も一つの手です。と言いたいところですが、基本的にはそう上手くはいきません。実際には、将来的にアカウントの再開余地を残さず完全に閉鎖することは難しいのです。

全てのカジノではアカウントの完全閉鎖が可能ですが、出来る限り手続きを複雑化しているカジノも存在します。さらに、基本的にはカスタマーサポートに連絡をすることでアカウントの再開が可能です。

ですから、アカウントの停止は責任あるギャンブルのアプローチの一環としてはおすすめしません。この点では、自己規制の方が効果的でしょう。

責任あるギャンブルと関連カジノ

前述の責任あるギャンブルアプローチに関しての説明では、カジノは独立した存在であるとしていました。しかし、現実ではそうはありません。オーナーやマネジメント陣が同じであったり、なんらかの形で関連性のある多くのカジノグループが存在します。

大手カジノグループに属しているカジノにおいて、プレイヤーが責任あるギャンブル措置を取ろうとした場合、その措置がグループ内全てのカジノに適用されることがあります。各グループによって対応は違いますが、きちんと対応できていないカジノがあるといっても差し支えないでしょう。

あるカジノで自己規制を行ったプレイヤーが姉妹カジノではプレイできるという事態を目の当たりにしたことがあります。それ自体はそこまで悪くはないのですが、賞金を獲得した際に、(利用規約に記載されている通り) 姉妹カジノで自己規制をしているため本来このカジノではプレイができないとして賞金を無効とし、初回入金分だけが返金されたことがありました。

これは理想とは程遠い対応です。カジノが利用規約にこういった記載をしていることはいいのですが、プレイヤーによる出金申請が行われる前にこの記載内容が施行されるべきだったと思います。プレイヤー側がこの記載内容もしくは2つのカジノの関係性に気づいていなかった可能性が高いです。プレイヤーが勝っていなければ、カジノは単にそのまま資金を確保し続けたでしょう。つまり、プレイヤーは、実際に賞金を手に入れることも出金もできないことを知らずに、ギャンブルをしていたわけです。プレイヤーにとって不公平です。

ここから学べることはなんでしょうか。こういった事態の対応はカジノによって異なるので一概におすすめはできませんが、気をつけるべき点は以下の通りです

  • カジノは必ずしも独立的に運営されているわけではありません。カジノの多くは大手グループに属しています。
  • あるカジノの責任あるギャンブル措置は、同グループの他のカジノにも適用されることがあります。
  • 手遅れになるまで、このカジノの関係性に気づかない場合もあります。

そして、あるカジノから自己規制した上で他のカジノでプレイしたいのであれば、この記事の続きで詳しく説明しているその他の責任あるギャンブルアプローチを調べることをおすすめいたします。または、ギャンブルの習慣が手に負えなくなっているのであれば、 他の 問題あるギャンブリングの克服方法を調べることをおすすめいたします。

国家やライセンス認可当局による責任あるギャンブル措置

ギャンブル規制の一環として全国的に責任あるギャンブル措置を施行している国もあります。最も一般的なものとして、様々な理由でギャンブルのプレイが禁止されている国民を全国的に登録するシステムが含まれますが、詳細は地域によって異なります。

国家による規制に加え、(スウェーデンやイギリスなどでは)独自のシステムを採用しているカジノライセンス認可当局も存在します。また他の国でも現在も独自のシステムを導入しているところもあります。(マルタなど)これらのアプローチは特定の認可当局によりライセンスが発行されているカジノ全てに適用されます。

ここでは国家やライセンス認可当局による責任あるギャンブルシステムとして最も注目すべき例を取り上げ、この範疇においてどういったものが利用できるのかを全体的に説明したいと思います。具体的にいうと、ここで取り上げるのは以下の内容です。

  1. Gamstop(イギリスの自己規制政策)
  2. Spelpaus (スウェーデンの自己規制政策)
  3. Malta Gaming Authority (マルタゲーミング委員会) による自己規制政策

Gamstop

Gamstopとはイギリスによる自己規制政策であり、プレイヤーが、UK Gambling Commission (UKCG) によるライセンス認可を受けたカジノで自己規制を行えるようにすることに焦点を当てています。 この政策はまだ完全に施行されておらず、全てのカジノが参加しているわけではありませんが、UKCGの認可カジノ全てが参加するよう要請されているので参加カジノの数は将来的には増えるはずです。

Gamstopにはイギリス在住プレイヤーのみが登録できるようになっており、イギリス市場で合法的に運営されているカジノにおいてプレイヤーが確実にプレイできないようになっています。登録するには、名前、郵便番号、生年月日、メールアドレスの提供が求められます。その後、6ヶ月間、1年間、5年間の3つの自己規制期間の中から1つ指定することになります。

Gamstopのウェブサイトには、この政策に登録したプレイヤーは個別に設定を変更しない限り、カジノのマーケティングコミュニケーションは受信し続けると明記されています。

Spelpaus

大半のプレイヤーにとって良いニュースなのですが、スウェーデンは最近国内のギャンブル市場の自由化を行いました。国際的なオンラインオペレーターにとってはこの市場に合法的に参入するチャンスですし、プレイヤーにとっては国家の自己規制政策であるSpelpausに登録するチャンスがあるなど数多くのメリットが存在します。

SpelpausはGamstopによく似た仕組みですが、その保護はより強力なものとなっています。Spelpausを利用した自己規制は、スウェーデンによるライセンス認可を受けたオンラインカジノだけではなく、スウェーデンの国営独占企業である従来の実店舗カジノのプレイでさえ制限します。

さらに大きな利点もあります。カジノは自己規制期間中のプレイヤーに広告やプロモーションメッセージを送信できない仕組みになっています。これは素晴らしいことです。というのも、どの自己規制政策も万全な保護を提供することはなく、ギャンブル企業から誘惑されないということも非常に重要だからです。

スウェーデン在住プレイヤーは1ヶ月間、3ヶ月間、6ヶ月間、または別途通知があるまでの期間の中から自己規制を選択することができます。最初の三つの選択肢では、指定期間が過ぎれば自己規制は終了しますが、最後の選択肢は異なります。別途通知があるまでの期間を選択すると、自己規制期間が解除されるまで続きますが、解除は12ヶ月経過後でないと行えません。

Malta Gaming Authorityによる統合自己規制政策

Malta Gaming Authority (MGA)は全世界で最も有力なギャンブルライセンス委員会の一つです。 現在、MGAはマルタ島の実店舗カジノに対する統合自己規制政策しか展開していないのですが、MGAによるライセンス認可を受けているオンラインギャンブルオペレーターにも政策を拡大する方針です。

UKGCのライセンス認可を受けているカジノに関連するGamestopとよく似た仕組みなのですが、Gamestopはイギリス在住プレイヤーのみが利用でき、MGAの自己規制政策は在住国に関係なく全てのプレイヤーが利用できる点において異なります。

しかしながら残念なことに、自己規制システムは まだ機能しておらず、いつ施行されるようになるかは分かりません。何百軒ものカジノを巻き込んだ信頼できるシステムの構築はそう簡単なものではありませんが、MGAが上手くやってのければ、全世界のプレイヤーが利用できる責任あるギャンブルアプローチとして待望の方法となるでしょう。

注意:複数の組織によって運営されている類似システムは多く存在しますが、その中でも最も重要で影響力があるであろう3つを掲載しました。その他にも役立つ自己規制政策があるのであれば、お教えください。喜んで追加させていただきます。

各国のギャンブルへのアクセスを制限するアプリとツール

カジノが独自に提供している責任あるギャンブルオプションや国家によるプログラムの利用を除けば、事実上各国のギャンブルへのアクセスを制限できるようにするツールが多く存在します。

こういった目的で開発されたわけではないですが、利用できるアプリに加えて、ギャンブルサイトや広告回避に特化されたアプリやツールが存在します。

このセクションに掲載されているツールは1つか2つの機能を備えています。(またはその両方)

  • 特定のドメインのブロック- アクセスブロック先であるオンラインカジノとオンラインギャンブルオペレーターの独自データベースを利用してウェブサイトをブロックするツールもあります。つまり、効果的であるにはドメインとサイト一覧は定期的に更新される必要があるのですが、一覧のおかげでユーザーにとって役立つギャンブル関連のサイトへのアクセスもできるようになります。(問題を抱えているギャンブラーへ支援を提供しているウェブサイトなど)
  • キーワードフィルター – 例えば「ギャンブル」、「ベット」、「カジノ」といった言葉が含まれているもの全てをブロックします。基本的にキーワードが変わることはないので定期的な更新は必要ありませんが、逆効果として役に立つウェブサイトをもブロックしてしまうかもしれません。ギャンブル関連の検索キーワードが含まれているだけでギャンブルに関係のないウェブサイトへのアクセスを制限するので、これらのツールはかなり厄介にもなりえます。

注意:これまでにもギャンブル専門キーワードを使ったフィルターツールは多く存在しましたが、どのツールも現在の技術基準に追いついていないように思えます。ですから、下記の一覧には掲載しておりません。この機能が備わっているアプリはあると思いますが、主にギャンブルに特化していません。

Casino Guruでは、お客様(またはお知り合い)のギャンブルへのアクセスを制限するのに最も人気のあるお役立ちツールの一覧を作成いたしました。下記から一覧をチェックし、ツールの仕組みを理解して、必要なのであればあなたにぴったりのツールを見つけましょう。あいにく、多くのツールが有料なのですが、一覧には無料のものも掲載しております。

一覧では以下を掲載しております。

  1. BetBlocker – ドメインブロック形式。無料で使用端末数も無制限。Windows、 Mac、 Linux、 iOS、 Androidに対応。ペアレンタルコントロール機能も搭載。
  2. Gamban – ドメインブロック形式。端末1台の年会費は£9.99、 €11.99、$13.99。Windows、Mac、iOS、Androidに対応。
  3. Net Nanny – キーワードフィルター形式。ペアレンタルコントロール機能搭載。登録年会費$39.99 (端末1台), $59.99 (端末5台) or $89.99 (端末10台)。Windows、Mac、iOS、Androidに対応。

注意:手元にある端末全てを保護することは重要です。電話やコンピューター1台にでもブロッカーがインストールされていないと、ギャンブルへのアクセスブロックを行うソフトウェアを利用すること自体に意味がなくなってしまうかもしれません。ギャンブル欲が出てきた際に、保護されていない端末で簡単にプレイでき、悪循環が再発してしまいやすくなります。

BetBlocker

他のツールが有料なのに対して 無料ツールであるため、BetBlockerから見ていきましょう。問題あるギャンブリングの克服支援を考えれば下記のアプリへの登録費も高くはありませんが、完全無料のツールであるというのは間違いのない利点でしょう。

BetBlockerは膨大なリストに掲載されているギャンブルサイトへあなたや誰かがアクセスすることを防止することを目的とした無料ツールです。以下の2つのモードが存在します。

  • ギャンブルの自己規制ーこちらはギャンブルへのアクセスを制限したい場合にご使用になられるモードです。ソフトウェアのインストール後このモードを選択すると、24時間から「永久的」の間で選択した一定期間データベース内に存在するギャンブルウェブサイトへのアクセスできなくなります。
  • ペアレンタルコントロールーこのBetBlockerの機能は、お子様がオンラインギャンブル(または他の好ましくないウェブサイト)にアクセスできない様にしたい親御さんに便利なものとなっております。この機能では、ブロックされたウェブサイトに後日アクセスしたい場合に制限解除を行えるようにするパスワードを生成できるようになっています。ペアレンタルコントロールは主にお子様に向けた機能ですが、全ての端末にインストール出来るので大人がギャンブルウェブサイトにアクセスしないようにする目的でも利用できます。

BetBlockerは特定のドメインをブロックするアプローチを取るので、ギャンブル関連の広告をブロックはしませんし、リストに登録されていないウェブサイトもブロックしません。つまり、インターネット上でギャンブル関連のコンテンツが目に入ることはありますが、大多数のオンラインカジノ、ブックメーカー、他のギャンブルオペレーターにはアクセスできません。

既に述べましたが、BetBlockerは完全無料で、Windows、Mac、 Linux、 Android、iOSに対応しています。何台でも端末にインストールできます。こちらは(というより、どのツールも)万全な解決法ではありませんが、無料である点を踏まえると、かなり優れたツールであると思います。

Gamban

Gamban はイギリスのユーザー向けに開発されたブロックツールですが、他国在住のプレイヤーも利用できます。 クラウドデータベース内の全ギャンブルウェブサイトへのアクセスをブロックすることでBetBlockerのように機能します。

ですが、Gambanは無料のソフトウェアではありません。端末1台につき年会費が£9.99、€11.99、$13.99となっています。他の有料ツールと比較すると安めなのですが、特に複数の端末で利用としている場合は、かなりの費用がかさみます。

注意:しかし、Gambanを無料で手に入れる方法があります。このソフトウェアは現在学生に向けて無料配布されているのですが、イギリスで就学している学生にのみ無料で配布されています。こういった所でソフトウェアの製造国がはっきりと出てきますが、その点を除けば、他国在住のプレイヤーにも役に立つでしょう。

対応しているOSはWindows、Mac、 Android、iOSです。

GambanのウェブサイトはBetBlockerのものほど情報が明記されていませんが、質問があったり、インストールの手順でサポートが必要だったり、何か他に問題があった場合にカスタマーサポートに連絡をすることはできます。

Net Nanny

Net Nannyはギャンブル専門のブロックツールではありませんが、そういった目的での利用もとても簡単に行えます。 このツールは主にお子様によるコンピューターやタブレット、モバイル端末の利用を制限したい親御様向けです。ペアレンタルコントロールやスクリーンタイム管理、インターネットフィルターなどの機能などが搭載されています。

インターネットフィルター機能こそがギャンブルへのアクセスをブロックするのに利用できる機能です。しかし、基本的にはペアレンタルコントロールアプリケーションではあるので、自分自身でギャンブルウェブサイトやギャンブルアプリへのアクセスをブロックできるわけではありません。自己規制を行いたい場合はあなたの端末にNet Nannyをインストールするよう誰かに頼むか、または誰かのギャンブルを止めるのに利用できます。

Net Nannyのフィルター機能によって、ギャンブルを含む様々な好ましくないコンテンツをブロックできます。各カテゴリーに対して、アクセスを許可したり、特定の人物が指定されたコンテンツを閲覧した時に知らせる警告を設定したり、または完全にブロックするようにソフトウェアの設定を変更できます。

他のフィルタリングアプリケーションと同じように、Net Nanny も完璧ではありません。例えば、Net Nannyモバイル端末で機能させるには、全てのブラウザーを無効にし、保護されたユーザーのみがNet Nannyの専用ブラウザーを使えるようにしなければなりません。これが理想的な解決策だとは思いませんが、あなたがいいとお思いなのであれば、合うかどうかお試しください。

Net NannyはWindows、Mac、Android、iOSに対応しています。MacやWindowsの端末1台を保護したいのであれば年会費は端末1台につき$39.99ですが、さらにお得な家族向け保護プランも存在します。端末5台で年会費$59.99端末10台で年会費$89.99のプランもご購入いただけます。

注意:フィルタリング機能が付いたペアレンタルコントロールツールも多く存在します。メリットとデメリットがありますが、Net Nannyを掲載しました。というのも、最も有名なツールの一つだからです。Cybersitter (Windowsにのみ対応)やQustodio、または「ペアレンタルコントロール」カテゴリーに分類されるその他のアプリケーションをご覧ください。ギャンブルへのアクセスブロックに利用出来るインターネットフィルター機能がほとんどに搭載されています。

責任あるギャンブルに関するその他の原則

責任あるギャンブルの本質とはプレイヤーが節度を持ったプレイができるようにするツールや機能に限られたものではありません。ギャンブルとプレイヤー保護に関する、ギャンブルオペレーターや、ゲームプロバイダー、その他の組織による全体的なアプローチも含まれているものなのです。

この点から言えば、「責任あるギャンブル」という用語には次の項目も含まれます

  • 弱い立場にあるプレイヤーの保護 – この項目は、主にこの記事に掲載されている措置を取ることだけでなく、問題を抱えるギャンブラーにサポートを提供し、できる限り安全なプレイに欠かせない支援を用意することで達成されます。
  • 未成年のギャンブル防止 – ギャンブルは成人向けの遊戯です。未成年がギャンブルできないように措置が施されるべきです。18歳以上のみ(管轄法域によって年齢制限が異なりますが)がプレイできるように、プレイヤーが身分証明書の提出を求められるのはこれが一因です。
  • 安全にプレイヤーの個人情報を保管ーオンラインカジノは、間違った人の手に渡れば悪用されかねない機密個人情報を含む膨大な量の顧客データを収集します。ですから、カジノ側はこれらの情報を安全に保管するためにもセキュリティー対策を実施するべきです。
  • 迅速かつ信頼できる決済 – 支払いも責任あるギャンブルの重要な一環です。オンラインカジノは、プレイヤーの出金が余計な遅延なしに処理・払い出されるように最大限尽くすべきですし、出金分の賞金がプレイヤーの手元に迅速かつ確実に届くようにしなくてはなりません。
  • 全プレイヤーに対して公平性のあるギャンブル – 「公平なギャンブル」という用語は以前から謳われているので、ギャンブルは実際に公平であるべきなのは明らかです。でも、それってどういうことなんでしょう?公平な還元率が設定されたゲームを提供することであったり、プレイヤーに賞金が確実に支払われるようにすることであったり、利用規約に不公平な記載を盛り込まないことであったり、他にも多くの項目があり、公平なギャンブルには多くの項目が含まれています。Casino Guruでは公平なカジノに特化した記事を作成いたしました、詳しくは「公平なギャンブルについて」をお読みください。
  • 倫理的で責任あるマーケティング – ギャンブルに対する責任ある取り組みは運営方針だけでなく、マーケティングや広告のあり方も含まれます。ギャンブルオペレーターは、未成年や弱い立場にあるプレイヤーを広告を通してターゲットにしてはいけません。後々に問題になりかねない現実味のない期待を抱かせないようにするためにも、ギャンブルの広告のあり方について考えることも重要でしょう。
  • マネーロンダリング対策 – お金が使用されたり送金されたりする場であればどこでも、マネーロンダリングは起こりえるので、カジノ側は対抗措置を取って撲滅を目指すべきです。対抗措置の中で最も分かりやすいものは、プレイヤーの本人確認です。これにより、違法行為から逃れにくくなっています。
  • 顧客満足度の確保 – 最後に、この一点が基本的に本一覧に掲載されている他の項目全てを含みます。 カジノ側は顧客がサービスに対して満足できるよう最善を尽くすべきです。必然的に、顧客を満足させることはギャンブル経営元にとっても最善の利益となります。

責任あるギャンブルに対するCasini Guruのアプローチ

Casino Guru自体はギャンブルオペレーターではありませんが、責任あるギャンブルは 私たちにとって優先度がトップであるものの一つです。Casino Guruのサイト訪問者の皆様にはオンラインカジノで安全にプレイをしていただきたいために、公平であろうが、責任あるギャンブルが実践されていようが、各カジノによるプレイヤーの扱いに細心の注意を払っています。

ギャンブルは公平かつ安全であるべきだとCasino Guruは考えます。でも、それってどういうことなんでしょう?

ギャンブルが公平なのは、プレイヤーが受けるべき扱いを受けた場合です。つまり、カジノがプレイヤーを騙そうとしなかったり、利用規約に不公平な記載が含まれていなかったり、ボーナス条件が妥当であったり、賞金を手に入れればきちんとその金額を出金できる場合にギャンブルが公平だと言えるのです。プレイヤーに公平なカジノをおすすめし、推奨できなくなるような要素をCasino Guruによる検証過程で発見した際には、サイト訪問者の皆様にお知らせするようにいたします。

ギャンブルが安全なのは、適正年齢のみがプレイできたり、弱い立場にあるプレイヤーが利用されることなく保護されていたり、ギャンブル習慣を抑制したい際に責任あるギャンブルオプションが利用できたりする場合です。オンラインカジノはこれらの基準を満たす必要があり、顧客の安全確保に失敗しているカジノを発見した際には、弊社はこれを大きな問題と捉えます。真に安全なカジノはプレイヤーが利用規約違反をしないようにするソフトウェアを使って利用規約を施行するべきであるとCasino Guruは考えます。

Casino Guruはギャンブルのイメージにも目を向けています。残念ながら、インターネット上ではよくカジノゲームが金策であるとされていますが、これは真実からはかけ離れています。Casino Guruでは、ギャンブルが本来より優れているように見えないように、嘘偽りなく全ての事柄を取り上げています。

Casino Guruの訪問者の皆様には、プレイヤーが結局は負けるようになっていて、Casino Guruによる攻略法や記事が現実味のない賞金を決して約束するものではなく、 プレイヤーに対して公平かつ安全な環境づくりをしているオンラインカジノに良い評価を与えていることを再認識していただきたいと思っております。

そして、仮に(知る知らず関係なく)公平なプレイとは何なのかという解釈も含め、本記事で掲載した原則を遵守していないカジノを見つけた場合には、改善が行われるように介入いたします。(実際、Casino Guruは5つのカジノに対して利用規約を変更させることができました。) これこそが、オンラインギャンブル業界をより安全かつ優れた業界にするためのCasino Guruによる取り組みです。

最後に、プレイヤーは責任あるギャンブルオプション、ブロックツール、インターネットフィルター、または本稿で取り上げたギャンブル依存症に立ち向かうためのオプションのみを絶対的に頼りにするべきではありません。多くのプレイヤーの役には立つと思いますが、これらのツールの効果は100%でなく、どれもなんらかの形で回避することはできますので深刻な場合の支援としては不十分でしょう。ギャンブルを本当にキッパリと止めたいのであれば、 ギャンブル依存症克服の方法を参照してください。

あなたの友達にとっても役立ちそうですか?

この記事を友達とシェアしましょう。

シェア