優良
ルーレット
攻略法

コンスタントプロポーション攻略法は、ルーレットのスピンで手持ちの資金の一定額をベットするという戦略です。つまりベットサイズは変化しますが、プレイヤーの手持ち資金に対するベットサイズは一定の割合となります。この攻略法を選びました。

この攻略法がベットタイプやベットサイズによってどのように機能するのか、厳密に検証されたシミュレーションを使ってお見せすることで、これらの要素がルーレットの勝率にどう影響するのかを理解することができます。

本記事に目を通して以下のポイントを学びましょう。

  • 最適なベットタイプとは?
  • 勝率を最大化する上で最適なベットサイズは?
  • 現在の資金額と同じ割合で何度も賭けることで、高額賞金を獲得できる確率は?
  1. コンスタントプロポーション攻略法の仕組み
  2. コンスタントプロポーション攻略法のシミュレーション
  3. まとめ&おすすめポイント

備考:この記事では、コンスタントプロポーション攻略法にのみ焦点を当てています。なお、ルーレット攻略法のメイン記事では、他の攻略法についても紹介していますので、参考にしてみてください。メイン記事には、この戦略を完全に理解する上で重要な情報も含まれていますので、コンスタントプロポーション攻略法の具体的な内容に入る前に、メイン記事を読んでおくことをおすすめします。

コンスタントプロポーション攻略法の仕組み

すでに説明した通り、この戦略はコンスタントベット攻略法に非常に似ていますが、そこに1つ要素をプラスしています。コンスタントベット攻略法では、プレイヤーの調子が良くても悪くてもベットサイズは変わりません。一方、コンスタントプロポーション攻略法では、過去の結果に応じてベットサイズを変動させます

つまり、プレイヤーが調子良く勝っていればベットサイズはどんどん上がっていき、さらに賞金を稼ぐことができるというシステムです。一方で負けている場合は、ベットサイズを徐々に下げることで、コンスタントベット攻略法のように損失額がすぐに増えてしまうことはありません。この自己規制メカニズムがあるため、コンスタント・プロポーション攻略法は、コンスタントベット攻略法よりも少し上級編の戦略になります。

ここでは、コンスタントプロポーション攻略法を使った例をご紹介します。例えば、プレイヤーがお手持ちの資金額の10%をカラーベットに賭けたいとします。100ドルからスタートして、赤に$10を賭けます。勝てば$110になり、次のラウンドでは$11をベットします。負けた場合は$90に下がり、次のラウンドでは$9のベットしかできません。プレイヤーは、資金が底をつきるかプレイをやめるまで、この作業を続けます。

コンスタントベット攻略法と同様に、コンスタントプロポーション攻略法でも、以下の点でバランスを取ることが重要です

  • 高いボラティリティー - 高額賞金が狙えますが、その分すぐに全額失う可能性も大きいです。
  • 低いボラティリティー - 少額ですが賞金が獲得でき、すぐに全額失う可能性も低いです。あるいはゼロに近いでしょう。

ボラティリティの高さは、よりボラティリティの高いベットタイプや高額ベットが要因となります。ボラティリティの低さは、よりボラティリティの低いベットタイプや少額ベットが要因となります。手持ちの資金額のすべてを特定のストレートアップの数字にベットし、1回のスピンで全額を失う可能性もあれば、手持ちの資金額の1%を赤か黒にベットし、初期資金額に変動を起こすこともできますが、最終的には初期資金額を下回る可能性が高くなります。

論理的にはその中間あたりがベストであるといえます。その理由をシミュレーションで明確にしていきます

ベットサイズの丸め幅と最小ベット限度額

ここに2つの問題点があります。手持ちの資金額の一定割合を賭ける場合、必要なベット額が必ずしも区切りが良かったり、端数を切り捨てているとは限りません。算出した金額でベットできない場合は、ベットサイズを四捨五入した一番近い数字にしてください

運悪く、算出したベットサイズがルーレットテーブルの最小ベット額よりも低い場合は、最小ベットサイズで賭ければOKです。シュミレーションではこのアプローチを使用しました。

コンスタントプロポーション攻略法のシミュレーション

厳密なシミュレーションを行うと、攻略法の仕組みや、プレイスタイルを少し変えるだけで結果がどう変化するのかを理解できるので最適です。いくつかシミュレーションを使って、複数のコンスタントプロポーション攻略法のベットタイプを検証し、それぞれにベットすべき資金額の最適な割合を見出していきましょう

方法論と使用する変数

全てのシュミレーションは独自のシミュレーションソフトウェアを用いて実行されており、確率やペイアウトはエン・プリズンやラ・パルタージュなどの特殊ルールのないシングルゼロルーレットを基にしています。クラシックなヨーロピアンルーレットをプレイすれば、今回のシミュレーション結果と同様の結果になるはずです。

プレイヤーは$100の手持ち資金でスタートし、以下のようにプレイを進めました。

  • 同じタイプのベット(カラー、コーナー、ストレートアップ)を何度も繰り返して、ベットサイズを変えていきました。
  • ベットサイズは、現在の資金額の一定比率で計算され、$1未満は切り上げられます。
  • 最小ベットサイズは$1と設定しました。算出されたベットサイズが$1より低い場合は、$1のベットを行いました。
  • プレイヤーは資金額をすべて失うか、ルーレットを合計100回回し切るまでベットを続けました。

使用したベットタイプに関して、全てのベットタイプを検討した上でシュミレーションでは以下のものに絞りました。

  • カラー-赤か黒(勝率は18/37、ペイアウトは2倍)
  • コーナー–1つの角が接し合っている数字4つ(勝率は4/37、ペイアウトは9x)
  • ストレートアップ–数字1つ(勝率は1/37、ペイアウトは36x)

上記のベットタイプごとに、各ラウンドで賭ける資金額の割合を1%から50%まで検証しました

すでに述べたように、スタート時の資金額は$100でしたが、他の金額でも同じではないにしろ同様の結果が得られるはずです。これは、シミュレーションで使用された最小ベットの限度額が$1であったことが理由です。高額資金の場合はこの攻略法の影響を受けにくく、少額の資金だと影響を受けやすくなります。もし最小ベットルールがなければ、初期資金額がどうであれ、統計的に同じ結果になるはずです。

すべてのシミュレーションにおいて、100万人のプレイヤーのサンプルを検証しました。このサンプルサイズは、結果が統計的に信頼できるものであることを保証しますが、それでも統計的に誤差が生じる可能性があります。ただし、結果に大きく影響することはありません。

ベットサイズ分析とシミュレーション1:カラー(赤か黒)

このシミュレーション結果の分析では、まずカラーベット(赤または黒)に資金をベットしたプレイヤーを見てみましょう。これは、他のタイプのベットと比較しても明らかなように、最もボラティリティの低いオプションです。それでは見てみましょう。

ベットサイズ 賞金獲得者全体の% $100から$200までの賞金獲得者の割合 $200から$500までの賞金獲得者の割合 $500から$1000までの賞金獲得者の割合 $1000から$5000までの賞金獲得者の割合 $5000を越える賞金獲得者の割合 平均費用
1% 35.5% 35.5% 0% 0% 0% 0% $2.7
2% 35.4% 35.4% 0.0054% 0% 0% 0% $5.3
3% 33.8% 33.5% 0.3% 0% 0% 0% $7.7
4% 31.9% 30.4% 1.4% 0% 0% 0% $10.2
5% 29.5% 26.7% 2.8% 0.0074% 0% 0% $12.6
10% 22% 14.1% 7% 0.75% 0.13% 0.0002% $23.8
20% 9.75% 3.9% 3.9% 1% 0.8% 0.07% $42
50% 0.137% 0.017% 0.058% 0.028% 0.018% 0.016% $90
表1:資金額の異なる割合でカラーベットに賭けた場合の勝率
ベットサイズ スピン30回到達前に資金が尽きるプレイヤー スピン50回到達前に資金が尽きるプレイヤー スピン75回到達前に資金が尽きるプレイヤー スピン100回到達前に資金が尽きるプレイヤー
1% 0% 0% 0% 0%
2% 0% 0% 0% 0%
3% 0% 0% 0% 0%
4% 0% 0% 0% 0%
5% 0% 0% 0% 0%
10% 0% 0% 0.08% 0.6%
20% 0.11% 2.8% 12.5% 25.6%
50% 57.2% 85% 96% 99%
表2:スピン回数30回、50回、75回、100回到達までに資金が尽きるプレイヤーの割合

各ラウンドで現在の資金額の50%をベットするのはリスクが高すぎることは間違いありませんが、100回のスピンに到達するプレイヤーはほぼいません。平均して$100のうち$90を損失することになり、このベットサイズはプレイヤーにとって非常に不利な数値と言えます。0.137%のプレイヤーが開始時の資金額以上の賞金を獲得してゲームを終了しています。

各ゲームラウンドで20%を賭けるプレイヤーは、100回スピンまで到達する確率が非常に高かったことがわかりました。ほぼ75%のプレイヤーが、実際に100回のスピンを達成しました。高額賞金獲得の可能性はかなり高いですが、平均コストが$42ということもあり、これは少し高すぎます。

一方、現在の手持ち資金額の1%から4%をベットするプレイヤーは、100%の確率で100回のスピンをプレイできますが、高額賞金獲得の可能性はあまりにも低いと言えます。この攻略法は、プロポーショナルベットを5%にすることで少しはマシになりますが、大金を稼ぐ可能性は非常に低いので若干つまらないと感じるでしょう。

最適なベットサイズ

各ラウンドで現在の資金額の10%を賭けるという攻略法は、特殊戦略としては最も面白いといえます。プレイヤーは、平均$100の資金のうち$23.8を失いましたが、$500まではかなり高確率で勝利し、$1,000以上あるいは$5,000までは低確率で勝利しました。

高額賞金の可能性も高いことがいえます。また、100回のスピン到達前に全額失ってしまうプレイヤーは0.6%しかいないため、100回のスピンに到達できることがかなり保証されています。全体では、22%のプレイヤーが初期資金以上の賞金を獲得する一方で、77%以上のプレイヤーが100回のゲームラウンド終了後に初期資金額以下の賞金(ただし$0以上)しか残らない結果となりました。

ベットサイズ分析とシミュレーション2:コーナーベット(数字4つ)

コーナーベットは、ルーレットベットの中で最も低いボラティリティから高いボラティリティのちょうど中間に存在し、よりバランスのとれたベットタイプとなっています。この点は、以下に表示されているシミュレーションの結果を見れば一目瞭然でしょう。

ベットサイズ 賞金獲得者全体の% $100から$200までの賞金獲得者の割合 $200から$500までの賞金獲得者の割合 $500から$1000までの賞金獲得者の割合 $1000から$5000までの賞金獲得者の割合 $5000を越える賞金獲得者の割合 平均費用
1% 39.7% 39.4% 0.35% 0% 0% 0% $2.7
2% 34.6% 29.3% 5.15% 0.09% 0.002% 0% $5.2
3% 28.8% 20.8% 7.2% 0.74% 0.09% 0.002% $7.6
4% 25.7% 16.1% 7.7% 1.5% 0.31% 0% $10.5
5% 20.2% 10.9% 7.3% 1.58% 0.54% 0% $12.4
10% 7.8% 3.5% 2.2% 1% 0.8% 0.0002% $25.5
20% 0.86% 0.38% 0.25% 0.03% 0.16% 0.07% $32.5
50% 0% 0% 0% 0% 0% 0.016% $100
表3:資金額の異なる割合でカラーベットに賭けた場合の勝率
ベットサイズ スピン30回到達前に資金が尽きるプレイヤー スピン50回到達前に資金が尽きるプレイヤー スピン75回到達前に資金が尽きるプレイヤー スピン100回到達前に資金が尽きるプレイヤー
1% 0% 0% 0% 0%
2% 0% 0% 0% 0.23%
3% 0% 0% 0.03% 0.63%
4% 0% 0% 0.45% 2.9%
5% 0% 0% 2.3% 8%
10% 0% 12.6% 34.6% 52%
20% 34% 67% 87% 95%
50% 98.5% 99.9% 100% 100%
表4:スピン回数30回、50回、75回、100回到達までに資金が尽きるプレイヤーの割合

現在の資金額の20%と50%のベット額では、あまりにもボラティリティが高すぎるのではないかというのが私の見解です。資金額の50%を賭けたプレイヤーは、100回のスピンに到達する前に全額底をついてしまいました。20%を賭けるプレイヤーには多少良いかもしれませんが、それでもリスクが高すぎます。

興味深いのは、資金額の20%を賭けたプレイヤーの平均コストが、カラーに賭けた場合よりも低く、(前回のシミュレーション)一方で勝率も低くなっているという点です。つまり、最終的に利益を出したプレイヤーは少ないですが、勝利したプレイヤーは多額の資金を手にすることが可能なのです。とはいえ、まだまだリスクが高いです。

現在の資金額の10%のベットサイズでは面白いと思いますが、まだ少しリスクが高すぎると思います 。100回スピンに最後まで到達したプレイヤーはわずか48%で、平均コストは$25.5です。同じベットサイズの割合で、赤あるいは黒にチップをベットしたプレイヤーの平均コストよりも高いことが分かります。

一方、現在の資金額の1%、2%、3%のベットでは、大金を稼ぐ確率は非常に低くなります。100回スピンに到達することはほぼ確実ですが、チャンスを犠牲にし、$500や$1,000以上の賞金を手にすることはできません。(それでもわずかな可能性はありますが)

最適なベットサイズ

私の意見では、この戦略は各ゲームラウンドで現在の資金額の4%または5%をベットする際に、全体を通してベストな結果を出します。この2つのプロポーショナルベットサイズの結果はよく似ていますが、指摘すべき重要な違いもあります。

5%のベットでは平均コストが少し高くなりますが、これはプレイヤーが全体的に多額の資金を賭けていることを考えれば明らかです。また、勝者の割合も4%のベット額の25.7%に対し、5%のベット額は20.2%と低くなっています。もちろん、各ゲームラウンドで資金額の5%を賭けているプレイヤーは、大金を獲得する可能性が高くなります

結局のところ、好みの問題でしょう。高いRTPで高額賞金のチャンスが見込める攻略法を希望する方は、4%のプロポーショナルベットを選んでください。しかし、$1,000以上あるいは$5,000以上の高額賞金獲得の可能性を高めたい場合、5%のベットサイズが適しています。

ベットサイズ分析とシミュレーション3:ストレートアップ(特定の数字)

ここでは、ルーレットベットの中でも最もボラティリティの高いタイプと、コンスタントプロポーション攻略法との組み合わせを見てみましょう。

ベットサイズ 賞金獲得者全体の% $100から$200までの賞金獲得者の割合 $200から$500までの賞金獲得者の割合 $500から$1000までの賞金獲得者の割合 $1000から$5000までの賞金獲得者の割合 $5000を越える賞金獲得者の割合 平均費用
1% 48.8% 43.3% 5.39% 0.16% 0.008% 0% $2.9
2% 25.9% 15.3% 8.8% 1.3% 0.48% 0.008% $5.5
3% 20% 10.5% 7.5% 1.4% 0.71% 0.04% $8.1
4% 14.4% 8% 4.2% 0.7% 1.25% 0.16% $9.8
5% 12.3% 7% 3.6% 0.71% 1.14% 0.16% $14
10% 1.8% 0.43% 0.8% 0.12% 0.32% 0.12% $18.8
20% 0.025% 0.006% 0.01% 0.001% 0.006% 0.002% $95
50% 0% 0% 0% 0% 0% 0% $100
表5:資金額の異なる割合でストレートアップベットに賭けた場合の勝率
ベットサイズ スピン30回到達前に資金が尽きるプレイヤー スピン50回到達前に資金が尽きるプレイヤー スピン75回到達前に資金が尽きるプレイヤー スピン100回到達前に資金が尽きるプレイヤー
1% 0% 0% 0% 0%
2% 0% 0% 0% 9.2%
3% 0% 0% 14% 22%
4% 0% 0% 19% 36%
5% 0% 0% 36% 52%
10% 0% 61% 79% 91%
20% 76% 93% 99% 99.8%
50% 99.9% 99.99% 100% 100%
表6:スピン回数30回、50回、75回、100回到達までに資金が尽きるプレイヤーの割合

繰り返しになりますが、50%と20%のベットはボラティリティが高すぎるので、今回の戦略では10%のベットもこのカテゴリーに加えます。各ゲームラウンドで現在の資金額の10%を賭けたプレイヤーのうち、100回のルーレットスピンをフルにプレイできるのは9%のみです。この数値はかなり低すぎます。

現在の資金額の1%または2%を賭けているプレイヤーは、スタート時よりも多くの資金を手にする可能性が高いですが、(それぞれ48.8%と25.9%)高額賞金をつかむ可能性は非常に低いです。

最適なベットサイズ

この攻略法では、3%と5%のベットの中間あたりがベストです。しかし、各ゲームラウンドで現在の資金額の4%と5%を賭けているプレイヤーの結果をよく見てみると、5%のベットは4%のものに比べて劣っていることが明らかになりました。

5%を賭けているプレイヤーは、上の表に記載されているほぼ全項目で勝率が低いです。ただし、$500から$1,000の資金を残す確率は、5%のベットでは0.01%しか高くありません。 4%のベットは他の全項目で優れています

今回の戦略では、3%と4%のベットのどちらかを選びますが、比較してみるとそれほど一方に偏っているわけではありません。資金額の3%を賭けているプレイヤーは、平均して損失が少なく、100回のスピンに到達できる可能性が高くなりますが、$1,000以上の賞金を獲得できる可能性も低くなります。

つまり、4桁の数字になる可能性を高くしたいのであれば、4%を選択します。そんなに勝つ必要がなく、(平均的に)ルーレットをプレイする時間を長くしたい場合は、遠慮なく3%のベットを選んでください。

まとめ&おすすめポイント

これらのシミュレーション結果は、ルーレット戦略の記事の本編で述べたように、長期的にはボラティリティーが高い方が優れているという考え方を肯定します。カラーに賭ける場合、大金を稼ぐためにはベットサイズを大きくする必要がありますが、プレイヤーの賭け金総額が大きくなると、平均より多額の資金を失う結果になります。

これが私がカラーベットを選ばない理由です。私の見解では、赤か黒に賭けたいなら最適なベットサイズは手持ちの資金額の10%です。ですが、コーナーベットやストレートアップベットに資金を賭ける方が断然良いと思います。

$100の資金でプレイを開始し、最大で100ラウンドをプレイするのであれば、下記のオプションがおすすめの組み合わせとなります

  • コーナーベット - 現在の資金額の4%または5
  • ストレートアップ - 現在の資金額の3%または4%

コンスタントプロポーション攻略法は、ルーレット戦略のメインの記事の中でも数多く紹介している攻略法の1つです。また、プレイヤーの好みに合わせて他の優れた攻略法を利用することもできます。ルーレットのプレイ方法を決める前に、こちらも合わせてぜひチェックしてみてください。

あなたの友達にとっても役立ちそうですか?

この記事を友達とシェアしましょう。