ブラックジャックガイド
ホーム Blackjack ブラックジャックのルール

ブラックジャックのルール

ブラックジャックは6つのトランプカードデッキ(デッキ数は1つから8つの間で変動する)を用いてプレイされることが一般的であり、各デッキにカードが52枚あるー4つのシンボルにおいて2からAまで(黒の、 そして赤の)。

2から10までは描かれたその値として計算し、ジャックからキングまでの絵札は10、Aは1か11のどちらかとして計算されます。Aは「ソフト」と呼ばれる組み合わせを作ることができます。つまり、Aと8を配られたのなら、合計値は9か19となるのです。これは「ソフト」19と呼ばれます。この組み合わせの値は19となっていますが、プレイヤーがカードを引いたことによって値が21を超過すると、Aの値は1として計算されます。

Aと7の組み合わせは「ソフト」18と呼ばれます。18を値に持ちますが、プレイヤーがさらに1枚カードを引き、それが8であった場合には、Aの値は自動的に1となるので全体の合計値は16となります。

手札の合計値が21を超えない様にしつつ、ディーラーの手札の合計値より高い値を目指すブラックジャックはディーラーとの対決です。21を超過すると、ディーラーの手札合計値に関係なくゲームは終了します。ディーラーの合計値が21を超過し、プレイヤー自身も合計値が21を超過していないのであれば、プレイヤーの勝利です。

ブラックジャックにおける基本的な賞金配当は1倍となっています。プレイヤーの手札がAと10または絵札の組み合わせであった時には、ブラックジャックボーナスを獲得することができ、その配当は基本的には1.5倍となります($1を賭けたのであれば、$1.5の配当)。

合計値が17に達して以降は、ディーラーはカードを引かないというルールも存在します。しかし、ソフト17は別です。このルールの適用方法は異なるので、ゲームのルールによっては、ディーラーはソフト17を獲得した時にもう1枚カードを引くこともあれば、スタンドすることもあります。オンラインでプレイなされているのであれば、ゲームの説明やルールは必ず記載されています。基本的には、「ディーラーはソフト17でスタンドします」や「ブラックジャックの配当割合は3:2です」と説明欄に書いています。

ブラックジャック の賞金配当割合が3:2未満(特にデッキ数が1つか2つの場合)であるタイプのブラックジャックを見かけた際には、このルールが適用されているとカジノ側のハウスエッジが高くなっていることに留意ください。

あなたの友達にとっても役立ちそうですか?

この記事を友達とシェアしましょう。

シェア

おすすめのオンラインカジノ